--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.10.24

『薔薇十字叢書 ヴァルプルギスの火祭』参考文献

 百鬼夜行シェアードワールド・シリーズ『薔薇十字叢書 ヴァルプルギスの火祭』(講談社ラノベ文庫)の参考文献リストを挙げておきます。
 本の巻末に載せられればと思ったのですが、あとがきでいろいろと書いたらスペースがなくなってしまいました……。

 タイトルに「ヴァルプルギス」とあるように、本作は魔女および魔女狩りモチーフの作品となっておりますので、それ関連のものを掲示いたします。順不同です。

『魔女とカルトのドイツ史』浜本隆志著/講談社現代新書
『魔女狩り』森島恒雄/岩波新書
『魔女とヨーロッパ』高橋義人/岩波書店
『魔女とキリスト教』上山安敏/講談社学術文庫
『魔女の誕生と衰退―原典資料で読む西洋悪魔学の歴史』田中雅志(編訳・解説)/三交社
『図説 世界魔女百科』フェルナンド・ヒメネス・デル・オソ(著)/蔵持不三也・杉谷綾子(訳)/原書房
『魔女の文明史』安田喜憲(編)/八坂書房
『魔女の法廷―ルネサンス・デモノロジーへの誘い』平野隆文/岩波書店
『魔女狩り 西欧の三つの近代化』黒川正剛/講談社
『魔女とメランコリー』黒川正剛/新評論
『ベナンダンティ―16-17世紀における悪魔崇拝と農耕儀礼』カルロ・ギンズブルク(著)/竹山博英(訳)/せりか書房
『闇の歴史―サバトの解読』カルロ・ギンズブルク(著)/竹山博英(訳)/せりか書房
『魔女』〈上〉〈下〉ミシュレ(著)/篠田浩一郎(訳)/岩波文庫

 この他、京極夏彦先生の著作、ヨーロッパ文化およびキリスト教全般に関する資料、妖怪や怪異に関する資料などの書籍を参考とさせていただきました。すべてを挙げることはできませんが、著者の皆様に深くお礼申し上げます。

 というわけで、あとがきからこのブログに来てくれたかたは、お読みいただきありがとうございます!

 ここを見て『ヴァルプルギスの火祭』に興味を持ってくださったかたは、ぜひ手にとっていただければと思います。




 ではでは。
スポンサーサイト

Posted at 20:00 | 未分類 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。