2015.09.05

「百鬼夜行」シェアードワールド・シリーズ【薔薇十字叢書】に参加します

 こちらをご覧くださいませ。

 京極夏彦先生の「百鬼夜行」シリーズのシェアードワールド小説を、三門も書かせていただくことになりました!

 大・興・奮!

 第一作である『姑獲鳥の夏』を読んだときの衝撃は今でも忘れられません。あれ以来、三門はずっと「百鬼夜行」に取り憑かれ続けているといっていいでしょう。

 この企画のお話をいただいたときに、ほとんど反射的に「『百鬼夜行』シリーズ? 好きです! スピンオフ? やります!」と即答した自分を褒めてやりたいです。もし冷静に考える時間があったら、尻込みしてしまったでしょうから……。

 三門の本は講談社ラノベ文庫から、11月刊行予定です。

 イラストはなんとるろおさんです!



 タイトルは『ヴァルプルギスの火祭(かさい)』。その名が示す通り、魔女をモティーフとしたストーリーになっております。「京極堂が西洋妖怪の憑物落としをしたらどうなるか」……そんなifから生まれた物語です。

「百鬼夜行」シリーズの読者さんにも、そうでない方にも楽しんでもらえるものになっていると思います。

 この組み合わせでいったいどんな本に仕上がるのか……ぜひチェックしてみていただければと!

 ではでは。

Posted at 20:00 | 未分類 |