A D M I N
topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ちたら浮かび上がれない。 - 2012.06.25 Mon

 ちょっと前ですが、支笏湖に行ってきましたので、写真を何枚か。

shikotuko1

 曇っていましたが、おかげで涼しく過ごしやすかったです。

shikotuko2

 ノーチラス号、ではなく水中遊覧船の中。

shikotuko2

 その遊覧船の窓から。ヒメマスだったかな? ちなみに、後でお昼ごはんにいただきました。美味しかったです。

shikotuko3

 同じく遊覧船の窓から湖底。変な形なのは、マグマが冷えて固まるときに縮んでひび割れたからで、柱状節理と言うのだそうです(支笏湖はカルデラ湖)。

shikotuko5

 遊覧船の甲板から。ここ、道でもなんでもないのですが、中年男性が一人で歩いていました。何者だったんでしょう。

shikotuko6

 ちなみに支笏湖は昔は「死骨湖」と書き、溺れると湖底にある枯れ木に引っかかって浮かび上がってこられないため、溺死者の骨がたくさん沈んでいるためこう名付けられましたが、縁起が悪いため現在の字が当てられました、という都市伝説がありますが、本当の由来はアイヌ語です。
 ではでは。
スポンサーサイト

否日常は加速する! - 2012.06.18 Mon

 騙されるな。
 この日常はどこまでも不適切だ。
 日常が否定されて崩壊した時はじめて、適切な惨劇と悲劇が読者を襲う。

も女会の不適切な日常2 (ファミ通文庫)


 札幌市在住の先輩作家、海冬レイジさんから頂戴しました『も女会の不適切(アイ・ド・ラ)な日常』第2巻、読了です。
 1巻に引き続き、恐るべき緻密な構成で、読者の不安感を揺さぶってきます。まさに「萌える暇もないサスペンス」!
 そして話の構造上、キャラやシーンについてはすべてがネタバレになる可能性があるので語れません……いいから本文を読むんだ! ハリーハリー!

 ちなみに冒頭の文章は三門が勝手に書いたもので、文中からの引用とかではありません。念のため。
 ではでは。

再開しました。 - 2012.06.11 Mon

 お久しぶりです。

 長らくブログを放置して、Twitterのほうも休止しておりましたが、両方ともそろそろ再開しようかと思います。
 新シリーズも、ようやく発刊のめどが立ってきた、ような気がしないでもない、こともないこともない、といった感じです。どっちだよ! いや、ちゃんと出るよ!

 期間が開いたついでに、ちょっとだけブログの体裁を変更しました。ヴァージョンも02になりました。
 気分も新たに……ってことで、これまで書いた過去記事を削除します。
 突然削除するのもあれなので、実際に削除するのは来週の月曜日(6/18)になります。

 そんな感じで、告知でした。

 新シリーズの発刊時期なども、おいおいお知らせしていきますよ。
 ではでは。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

三門鉄狼

Author:三門鉄狼
北海道札幌市に生息するサッカオオカミ。
よろしかったらこちらも→
TwitterID:@MikadoTetsurou

New Works






link

Mail

当サイト、作品の感想などはこちらから
誤植のご報告はこちらから
仕事のご依頼はこちらから

Previous

11  03  02  11  10  08  07  05  04  01  10  08  02  12  10  09  08  07  06  05  12  11  09  07  06  04  03  02  01  12  11  09  08  07  04  03  12  11  10  09  08  07  06 

Seach

Visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。